Flowers
nano amino

VOL.9 ナノアミノ ハンド&ネイル リペア クリーム

健やかで美しい手肌は、正しいハンドケアから
生まれる

VOL.9
ナノアミノ ハンド&ネイル
リペア クリーム

健やかで美しい手肌は、正しいハンド
ケアから生まれる

体のパーツの中でも特に、朝から晩まで一日中酷使されている手肌。ふと目に入った時、自分の手肌の状態にがっかりしてしまうことはありませんか?
それは同時に、自分以外の人からも見られているということ...
いつ、いかなる時も自信を持って過ごせる美しい手肌になるために、プロがおすすめする本質的なハンドケアに取り組みましょう!

今回のインタビューは、
内科・皮膚科医であり美容クリエイターとしても活躍する
友利新さん

時節柄、避けられない手荒れがますます増加

ここ数年、新たな生活様式が取り入れられるようになりましたが、訪れる患者さんに変化はありましたか?

コロナ禍において健康を守る上で、やはりこまめな手洗いやアルコール消毒は欠かせないものです。
ただ、やはりそれに伴い手荒れの症状に悩んで来院される患者様は増えましたね。
主な手荒れの原因としてはやはり乾燥に由来するものがほとんどで、皆さんきちんと手洗いやアルコール消毒に取り組まれているがゆえの悩みとも言えます。
特に手肌のカサつき、指先のささくれや二枚爪など爪周りにも症状を感じている方が増えましたね。
ただ、これらの状態はまだセルフケアで対応可能ですが、放置して悪化させてしまう人も多いのが実情です。
手湿疹など皮膚に痛みや赤み、痒みがある場合は治療対象なので、症状が出始めたら早めに医師の診察を受けることを推奨します。



ナノセラミドで肌を土台から立て直して

美容師さんをはじめ、手荒れに悩んでいる人も多いようなのですが、具体的におすすめのハンドケアを教えて下さい。

やはり、1にも2にも保湿が重要ですね。手荒れとは、肌のバリア機能が低下し外部刺激にさらされた結果、炎症を起こしてしまうことが主な原因です。
肌のバリアを守るため、水に濡れたら必ずハンドクリームをつけることを習慣づけましょう。 1日に何度も手を洗ったり、アルコール消毒を繰り返したりすると思いますが、その都度面倒くさがらず保湿を続けることで、丈夫で健やかな肌に近づきます。 そして、その時使うクリームの成分も大切。肌バリアを強化するという観点では、セラミドが有効と考えます。セラミドは人体に元から存在する安全性の高い成分で、 肌の角質細胞の間を埋める細胞間脂質の一種。
肌内部の水分保持や外部刺激からのバリア機能を高め、肌荒れにアプローチしてくれます。
特にセラミドをナノ化したナノセラミドは、肌への浸透効率がより高く、保湿力に優れているので、使い続けることで肌バリアを強化してくれます。
こういった成分の入った保湿力の高いハンドクリームを、洗面所やキッチン、玄関など家のあちこちにおいておけば、乾燥に気づいた時にすぐに手を伸ばせるので、 無理のないケアが続けられると思います。
また、体全体に通じる話でもありますが、お風呂にゆっくり使ってしっかり手も温めてあげること。 血行促進は丈夫で美しい肌づくりにも欠かせません。

キレイな手肌のためには保湿が大事と友利さん
セラミドをナノ化したナノアミノハンド&ネイル リペアクリーム

こまめなハンドケアを楽しむ習慣をつける

では、先生がハンドクリームを選ぶ基準と使い方を教えて下さい。

成分としては、先述のセラミドの他、VC(ビタミンC)やVA(ビタミンA)、レチノールの入っているものも良いですね。
塗ってすぐにパソコンやスマホを使うことも多いので、日中は浸透力が高く肌馴染みが良いサラッとしたテクスチャーのものを選んでいます。
ナノアミノ ハンド&ネイル リペア クリーム(スムース)も、つけてすぐにサラッとしてベタつかない使い心地が、日中でも使いやすいですね。
使い方としては、適量をしっかり取り、掌だけでなく指先までまんべんなく伸ばし、爪の周りや指の間にも塗り残しがないように馴染ませます。
外出先でもケアしたいので、持ち運びの邪魔にならない小ぶりなサイズだと便利です。 また私は診察の際に患者さんの肌に直接触れることも多いので、香りが少ない、もしくは無香料のものを使いますが、自身の環境的に問題がなければ、 好みの香りでケアを楽しむのも気分転換におすすめです。逆に長時間水に触れることがない夜間は、 こっくりとした質感で保湿力重視のハンドクリームをたっぷりつけて日中のダメージを回復させます。
ハンドクリームは種類も多いので、好みやTPOに合わせて選ぶと良いでしょう。 指先や手はQOL(生活の向上)に直結するだけでなく、年齢が出やすく、また人目につきやすいバーツでもあります。ぜひ積極的にケアをしていきたいですね。



仕事柄、肌馴染みがよくサラッとしたハンドクリームが使いやすいと友利さん

PROFILE

友利新(ともりあらた)
医師、美容クリエイター

沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。
同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。
内科と皮膚科のクリニック勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として
追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV など幅広い分野で活躍中。
YouTube「友利新/医師 内科・皮膚科」は登録者数70万人を超える人気コンテンツ。